2006年02月19日

他の子が悪い

 また小さな子供達が被害者となる痛ましい事件が起こってしまいました。被害者の二人にとっては、不条理以外のなにものでもないできごとであり、また家族の悲しみははかりしれません。謹んで被害者のお二人の冥福をお祈り申し上げます。また容疑者の子供も、これからの人生でその子にとっては不条理な苦労を強いられるかもしれません。こちらも気の毒な話です。
 事件の容疑者は「自分の子供が他の子となじめないのは、他の子が悪い」といった内容の供述をしていると報道されています。どんな理由であれ許されるようなことではありませんが、もしこの内容が本当であれば言語道断です。自分勝手極まりない。
しかしながら我々も同じような考え方をすることがないでしょうか。

 親が悪い、子供が悪い、あの子が悪い、お隣が悪い、上司が悪い、部下が悪い、会社が悪い、学校が悪い、政治が悪い、社会が悪い。私達は自分の置かれた状況を他人や社会のせいにしがちです。共働きで子育てなどしていると、状況から追われる生活となりがちなので、なおさらです。そういう意味で私達も感情的には、この事件の容疑者と紙一重のところにいるのかもしれません。ただ普通は理性や倫理観が上回って、行動に出ることを抑えている。
 自分の置かれた状況を他人や社会のせいにしてしまうと、それを解決するために、「他人や社会の考えや行動を自分の思うように強制」しなければなりません。そんなことは到底不可能です。そのままではいつまでたっても何も解決せず、更に他人や社会への不満が積もり続けます。「他人のせいにする」ことをやめなければ、きっと一生そのままでしょう。
 「自分の考え方が自分の人生を決める」という言葉があります。私はこれは真実であると考えています。だとすれば、今自分の回りにある状況は、自分が希望して得たもののはずです。それが望ましくないのであれば、誰が悪いのでも無い、自分の希望のしかたが間違っていただけです。
まずは今ある状況を「自分が希望したもの」として受け止めて、それに責任を持って感じつくす。もし望ましくない部分があれば、じゃあ自分がどうすれば望ましくなるのか、を考えないと何も変わりません。
 他人や社会のせいにするのは簡単です。しかし、それでは何も解決しないし変わりません。グチやストレスが増えるだけです。今の自分の状態に責任を持たなければ。
posted by 共働きのお父さん at 13:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

親の影響

 私達は親として子供に影響を与えています。その私達も、私達の親達から影響を受けています。
 このような経験はないでしょうか。おじいちゃん、おばあちゃん(私達の親)の前で、子供を叱ったり注意したりすると、
「私があなたに昔言ったことと同じことを言ってるねえ」
のようなことをおじいちゃん、おばあちゃんから言われた経験。
また、パートナーがパートナーの親と同じようなことを言ったりしていたりするのに気付いた経験。多くの場合パートナーは親のそういう点を気に入っていなかったりするのに、自分が同じことをしてしまっている。そういう場面に出会うと、きっと私自身も同じようなことになっているのだろうなあ、と感じます。親とは全く正反対の性格だ、というのもこれまた親からの影響です。親の姿を見て、そのスタイルが気に入らなかったため正反対に走っているのです。
 多くの場合、子供は親と全く同じになるか、全く正反対になる、と言われています。厳格な親に育てられた子供は、同じく厳格になるか放任的になる。ケチケチした親に育てられた子供は、ケチになるか無駄遣いするようになる。
 子供が親の影響を受けるのは当然のことと言えるでしょう。その親を見て育ち、その親から躾けられるのですから。「影響を受けている」などと感じることなく、あたりまえのこととして受け入れていることでしょう。しかし、親から受けた影響が全て良い影響であると言えるでしょうか。
 私達の親達は、そのまた親達から影響を受けています。それぞれの世代はそれぞれの時代の中でベストを尽くしてきたはずです。少なくとも彼ら自身にとってのベストを尽くしてきたはず。ただそのベストが私達にとってのベストとは限りません。時代も変わります。物事のやり方も変わります。また人生の目的が親達と同じであるとは限りません。私達が何も考えずに日々を過ごしていると、その昔の方法に引きずられて時代の流れから外れていってしまうかもしれません。自分の目指すところとは別のところに連れて行かれてしまうかもしれません。
 もちろん昔の方法が全て悪いわけではありません。積極的に見習うべきこともあります。ここで大事なのは自ら積極的に選ぶということだと考えます。自分が親から受けている影響を知り、それが良い影響であるのかそうでないのかを判断して、方向の修正が必要であれば修正する。一時的に私達の親達からは不評をかうかもしれませんが、私達の人生は私達のものです。また私達は子供に影響を与える立場にもあります。自分で考えて自分で決める、悔いの無い選択をしたいものです。
posted by 共働きのお父さん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。