2006年04月22日

1500円のラジコンカー

 子供をつれて家電量販店へ携帯の機種変更に行ってきました。手続きに40分ほどかかるので、しばらくうろうろ。そのお店には駐車場の一角にラジコンカー用のコースがあり、お兄ちゃんお姉ちゃん達が走らせているのを見ていました。まあ予想通りと言えば予想通りですが、子供もラジコンを走らせたがります。
 「ラジコンしたい〜っ!」という子供を引きずって店内へ戻り、まあ見せてしまったのは仕方無いと、おもちゃ(この量販店にはおもちゃ売り場も有る)売り場へ。子供は陳列されているラジコンカーへ一直線。大きなラジコンカー、しかもモーターではなくてエンジンモデル、を抱えて、「これが欲しい」。そんなものお父さんだって欲しいから却下。さらに子供を引きずって、もっと安いコーナーへ。5000円以下ぐらいで、適当に動くものならいいかと探してみたら、なんと1500円で、前進後退左右に曲がるラジコンがあるではありませんか。今は安いのがあるのですねえ。
 持って帰って箱を開けてみると、なんと組み立て式。これだけ安いんだから仕方ないとニッパーを取り出して組み立てます。私は昔プラモデル作りを趣味にしていたので、この程度なら楽勝となめてかかりましたが、意外とてこずってしまいました。いかにも安いつくりですが、ステアリング用のモーターには簡単とは言えクラッチもついてます。速度も高速/低速切り替え式。車体の塗装も良く出来ていて組みあがるととても1500円のおもちゃには見えません。
 完成後、お父さんが動作確認/試運転して子供に渡しました。やはり最初はうまく走らせることができません。走りながら曲がる、がうまくできない。車が止まっているときにハンドルを切って、そこから前進後退しています。「上手になったら大きい自動車でコースを走ろう」と子供なりに練習しています。

 それにしてもラジコンカーが1500円で買えるとは、私の子供の頃には到底考えられないことでした。1500円ではリモコンカーも買えなかったなあ。身近に技術革新やイノベーションを感じてしまいました。
posted by 共働きのお父さん at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

初めての賞状

 今日、子供がスイミングスクールで表彰されました。一年間の皆勤賞ですが、子供にとっては生まれて初めての表彰です。スイミングスクールのみんなの前で表彰されたそうです。
「そうです」というのは、実は両親共にその姿を見ていないから。今日は事情があって、おばあちゃんが付き添いだったのです。私がいつものとおりスポーツクラブ。今日の表彰、事前に何の予告もなく、今日突然行われたのでした。
 あらかじめ言っておいてくれれば、写真ぐらい撮れたのに。立派な額にいれてあげようと、親バカになっております。
posted by 共働きのお父さん at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレヨンハウスで絵本を見る

 昨日、家族みんなでクレヨンハウスの大阪店に行ってきました。
パートナーは昔行ったことがあるらしく、久しぶりに行くのを楽しみにしていました。この大阪店、何年か前に移転したらしいのですが、パートナーは移転後の店舗は初めてらしい。私はもちろん生まれて初めてです。
 お店は1階がオーガニック食品の店、2階が絵本等のこどもの本やおもちゃ、一部自然保護関係(LOHASかな?)の本もありました。さて2階に上がって、パートナーはいろいろと目当てがあったようで、自然とお互い勝手に見て回ることに。子供はお母さんにひっついていきます(あとで、おもちゃコーナーの体験コーナーで一緒に遊んで、パートナーに自由に見てもらいました)。
 さて、お父さんは読書が趣味なので、書店には良く行きますが、絵本は得意な分野ではありません。一方、クレヨンハウスにはさすがに絵本がたくさん置いてあります。あるのですが、絵本の選び方がよく分かりません。出版社別や作者別にたくさん書棚に並んでいますが、それがどういう本なのかさっぱりわかりません。いきおい平積みになっている本をざっと眺めて、途方に暮れてしまうことになりました。
これはクレヨンハウスに限らず、ほかのどの書店でもそうなのですが、素人にとって絵本というのは選ぶのが非常に難しい。まずタイトルから内容が判断できない。それがどんなお話なのか、一通り読まないと分からないことが多い。となると、話題になっている絵本や、保育園・幼稚園にある絵本、昔ながらの誰でも知っている絵本を選びがちになります。「ああ、これ見たことないけど面白そうだ」という書店での意外な出会いを得にくい。
 ではどうすれば素人にも選びやすくなるのか?というと、なかなか良いアイデアは思いつきません。ただ今の絵本の陳列方法ではかなり詳しい専門家ぐらいにならないと自由に選べないのだろうな等と感じた一日でした。
 その日の収穫は、パートナーはもともと詳しいので、いろいろと買い込んでました。私はパステルを自分用に購入。子供は見て回って、おもちゃコーナーの体験見本で遊んで満足したのか、特に何も欲しがりませんでした。
とにかく一度行ってみるには楽しいお店かもしれません。

 ちなみにクレヨンハウスの隣には市立(?)の公園があります。よく手入れされた素敵な公園です。私たちが訪れた日は桜も咲いていたのに、あいにくの雨で遊べませんでした。残念。クレヨンハウスに行ってみようという方には、是非公園で時間を過ごすことも考えて行くことをおすすめします。
posted by 共働きのお父さん at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

がんばらない

 スポーツクラブのインストラクターさんはレッスンの際、何かにつけて「がんばらないで下さいね」と言います。言いたいことはわかるのですが、私は少々違和感があります。何もがんばらなければ、何も変わらないだろうと思うのです。
 会社も同じです。最近はメンタルヘルスについて盛んに言われているためか、「あまりがんばるな」、「無理をするな」と、社内の文書が回覧されてきたりします。まあ、会社のほうは現場の上司がどんな人かで、部門の仕事もやり方が決まることが多く、回覧文書ぐらいではあまり効力もないのですが。とにかく「がんばらない」ことが奨励されている事が、最近増えているように感じます。
 趣味でも仕事でも、どんなことでも同じ事だと思うのですが、がんばるときにはがんばらないと、何も成長しないと思うのです。ただ何でもかんでも、むやみやたらと、がんばるのはあまりよろしく無いし、手を抜くところは抜いておかないと、人によってはまいってしまったりするでしょう。そういう私自身まいってしまったことがあります。そこから何とか抜け出した体験談もいつかは書きたいと思っています。
がんばり続けても何とも無く、それが好き人はそのままで良いと思います。
 それでは、「がんばらない」をどう解釈しましょうか。私はこのように解釈しています。
「がんばっても、がんばらなくても、どちらでもいいのだけれど、これが(何か目標が)できるようになれば楽しいだろうな」
どうでしょうか。私自身はこの考え方が結構気に入ってます。気合は抜けますが、肩の力も抜けます。やる気にあふれる方からは「何を軟弱なことを」と一笑に付されるでしょうけれどもね。
posted by 共働きのお父さん at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

おっさんヨガ

 私が通う、と言うか子供が通うスイミングスクール、に併設のスポーツクラブのレッスン時間割が4月から変わりました。
 これまではダンベル体操のクラスを受けてからエアロビクスのクラスだったのが、この4月からダンベル体操の時間が「パワーヨガ」に変更。私は子供のスイミングの時間にトレーニングとなるので、好きなクラスを選ぶ余地はありません。その時間に開講されるクラスを受けることになります。
 そもそも私は身体がとても硬い。前屈して手が地面にやっとつくかどうかという程度。「だめだこりゃ」とマシントレーニングに行こうとすると、スタッフさんから一言、「全然大丈夫です。誰でもできます」。
 まあスポーツクラブのスタッフさんは大抵の場合「大丈夫」と言うものなのですが、とにかく経験だけはしてみようかと参加してみました。日曜日の午前中という時間帯と4月からの新レッスンということで、参加者も少なく、恥かいても大したこと無いなと。
 参加者は男性2名、女性5名。インストラクターさんは、しきりに「無理しないで」、「頑張らないで」と言います。参加者の年齢層が高かったせいなのか、はたまた頑張るとひどい目に合うことになるからなのか。
 一番最初のレッスンで皆初心者だったため、呼吸法と基本動作の練習だけでした。呼吸法は、私は座禅の経験が少しあるのですが、その呼吸法によく似ておりすぐに慣れました。基本動作はやはり身体が硬いとつらい姿勢もあります。足を曲げてもいいとインストラクターさんは言いますが、それでもまあ厳しい姿勢であります。とは言え厳しくないなら、やる意味無いのだけれどもね。また「パワーヨガ」というだけあって筋力を使うところもあります。今まで使っていなかった箇所を使うせいか、静かな動きなのに筋肉痛もあります。
 今日一日経験すればそれでいいかと思っていましたが、結構面白いのでしばらく続けてみたいと思います。この硬い体がどこまで柔らかくなるかな。
posted by 共働きのお父さん at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おっさんエアロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。