2006年05月28日

離婚しないでね

 私の地域のケーブルTVでは、昔の連続ドラマの再放送をしてくれます。なぜかうちの子供はその連続ドラマが大好きです。そして今再放送中のドラマは、両親が離婚した子供が主人公なのだそうです。

そのドラマを見ていた子供が、おもむろに私達の方を見て言いました。
「お父さん、お母さん、離婚しないでね。離婚したら寂しい」
いや別にそんな話は何もないんだけど。ところがだんだん感極まってきたのか、ついには泣きながら「離婚したらダメ」とうったえかけてきます。だから離婚する予定なんて無いって。

翌日、車でおでかけの時、後ろの席から思い出したように、
「離婚したらあかん」
ベソかいてます。だからしないって言ってるでしょうに。言いがかりだ。

そんなこと保育園とか、おじいちゃん、おばあちゃんの前で言わないように。妙な騒ぎになるかもしれないよ。「子供心になんとなく察知したんじゃないか」とか言って、いわれの無い尋問を受けるのはお父さん、お母さんなんだから。勘弁してください。
posted by 共働きのお父さん at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

台湾のウォシュレット

 一泊二日で台湾出張に行ってきました。初めてなので、見るもの全てがものめずらしくて、おのぼりさん状態。台北市内を車で移動していたのですが、窓の外の風景がどこかに似ている。どこだろうと考えていたのですが、何となく大阪市内のダウンタウン。日本橋でんでんタウンの堺筋から外れた、古くからあるエリア(も少なくなってきましたが)によく似ています。ごちゃごちゃ感というかチャンプルー感というか。掘るとお宝がでてきそうな雰囲気。
 さて、ホテルの部屋に入るとトイレにはウォシュレットが備え付けられています。「洗浄」と書かれたスイッチはそのままで分かりますね。その横に「按摩」というスイッチがあります。「按摩って、何するの? 便座がぐねぐねしてお尻のマッサージでもするのかな」とひとしきり考えた後、スイッチを押しました。
何てことはありません。リズム洗浄です。「按摩と言えば按摩と言えないこともないなあ」などと思ったのですが、日本に帰ってTOTOさんのページを確認したところ、なんと「マッサージ洗浄」という機能があるではないですか。でも漢字で「按摩」って言うと、肩とか腰とかを揉んでもらうイメージがあるなあ。

ところでウォシュレットと言えば、子供がトイレトレーニング時に間違えてスイッチを押してしまいトイレの中で大惨事となったことはありませんか?

あと、面白かったのは歩行者用信号。日本の信号と良く似ているのですが、青信号の時、信号に写る歩行者の絵は歩いているアニメーションになっています。そして、日本の信号では青点滅になる時、台湾の信号はそのアニメーションの歩行者が走り出すのです。「走ったら危ないやんか」と思わずツッコミを入れてしまいました。

良く似ているのだけれど、何かちょっと違う、とても楽しい異文化体験をしてきました。今度は遊びに行きたいなあ。
posted by 共働きのお父さん at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

母の日

 今日は母の日です。すみません、私はパートナーのために何の準備もしていませんでした。一応言い訳はあって、ずっと夜遅くまでの残業続きの日々だったので、会社が終わってから買い物に行こうと思っても店が開いてなかったのです。とはいえ、今はネットでお買い物もできるわけですから、まあさぼっていたと言われると返す言葉が無い。
そこで、今日スーパーに買い物に行ったとき、別行動をとって(いつも店内では別行動ですが)、カーネーションを買ってきました。車のチャイルドシートにかくしておいて、帰るときに子供に「ありがとうって渡しておいで」と行かせました。まあいかにもお茶をにごしたような形になってしまいましたが、いちおう喜んではもらえたみたいです。

実は、双方のおばあちゃんには、母の日にカーネーションが家に届くよう毎年手配をしています。父の日にも毎年プレゼントのビールを贈っています。ところが、身近な家族にはそういうプレゼントが何とも手薄になりがちです。「お互い忙しいのが分かっているから、まあいいだろう、許してもらおう」という意識がどこかに有るのだと思います。
まだ何もしてない人、何もするつもりが無かった人、まだ間に合いますよ。近所のスーパーでいいからカーネーションでもプレゼントしてみてはどうですか? Better late than never.
posted by 共働きのお父さん at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

みさき公園

 こどもの日にみさき公園に行ってきました。
「わざわざ混んでいる日を選んでおでかけしなくても」と今まで考えていたのですが、どうにもスケジュールやら家族の体調やらが合わなくて、一番混んでいそうな日のお出かけとなってしまいました。こうやって、ゴールデンウィークの行楽地は混んでいくのだろうなあ。
 事前にネットで調べていると、国道26号線が慢性の渋滞国道のようで、こどもの日なんて、えらいことになりそう。早めに出発することにしました。とは言え到着は、開園時間とほぼ同じの9時半ごろ。この時間ではまだそんなに激しい渋滞にもなっておらず、駐車場にもすんなり入れました。あとからあとから車がやってくる、という状態でしたけれども。
 入園して、動物園エリアをぶらぶらしながら、一回目のイルカショーの時間を心の中で密かに計ります。とにかく混みそうなところは、先手必勝。開演40分前とかなり早めでしたが、入場が始まっていたので、私達も早々に入場。開演30分前にはもう席は埋まってしまっていました。席は埋まっても、お客はどんどん入ってきます。スタンド席の階段に座るのは当然として、水槽脇の通路、おそらく「水かぶり席」に立ち見まで出ています(案の定水をかぶっていました)。その立ち見席も立つ場所が無くなってきているけれど、お客はまだどんどん入ってきます。開演直前まで入場させていました。さすがは大阪商人。
 イルカショーを見て、昼食を簡単にすませます。恐竜ワールド(いまいち)を見学した後、乗り物へ。子供は乗ったことも無いのにジェットコースターがマイブーム。まだチビなので乗れるかな?と思っていましたが、大人の同伴があれば良いとのこと。初めてのジェットコースターに乗ることができました。ジェットコースターを待っている列の中では、うちの子供が一番チビそうです。列の後ろで、怖がっている子供に、「見てみ、あんな小さい子も乗るねんで。あんたはチンチン付いてないんか」と気合を入れるどこかの母。目があって「なぁ」と同意を求められても困るんですけど。
観覧車に乗って、海を眺めて(関空も見えます)、ちょっとした南国気分を味わいます。大して南にも来ていないのに、何かやっぱり南の雰囲気があるのは不思議です。
昼過ぎには、家に向かって出発しましたが、行き帰りどちらの車線も大渋滞。まだ入園してくる車もあります。子供は初めてのジェットコースターがとても気に入ったらしく、しきりに「楽しかった」と言いながら、そのまま寝てしまいました。
 小さい子供を連れて遊びに行くには、程好い遊園地。また、大阪のディープサウスに立地しているのもあってか、ヒューマンウォッチングもなかなか楽しい。いわゆる「ヤンキー」(今はもう言わないのかな)な方々が楽しく遊んでいるのを眺めるのも楽しいものです。こわいと感じる人もいるかもしれませんが。私は大阪出身なので、むしろ懐かしい気分を味わいました。また行きたいなあ。
posted by 共働きのお父さん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

安珍清姫

 家族そろって「まんが日本昔ばなし」を観ていました。私が子供のころ観ていたテレビ番組を、自分の子供とまた観るというのもなかなか感慨深いものがあります。市原悦子さんと常田富士男さんの声が、昔(最初の放送はなんと30年以上前)と少しも変わらない世界を作り出してくれます。
 ところで、その日のお話の一つが「安珍清姫」。テレビでは熊野参詣に来た僧、安珍と、安珍が宿をとった家の娘、清姫の悲しい恋のお話となっていました。お話が終わってパートナーが子供に向かって言います、

「女の子との約束を破ると、あんな怖い目にあうのよ」

いや、あの、ちょっとまて、お〜い。安珍清姫はこういうお話なんですけれど。とはいえ、私ではこんな内容を子供に説明し切れない。まんがを観ているだけなら、パートナーの説明でも納得できるしなあ。いやあ、負けた。

更に、「○○(子供の名前)が言うことをきかないと、お母さんは蛇になっちゃうよ」と、近頃親の言うことをきかない子供に。それが妙に効いてしまい、ちょっとお母さんの姿が見えないと、「お母さん、蛇になってしまってない? お母さんが蛇になったらどうしよう」と探し回ってます。親の言うこときかないのは相変わらずですけれども。
安珍清姫恐るべし。
posted by 共働きのお父さん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。