2006年03月26日

仕事をいいわけにするな

 「仕事をいいわけにするな」
これまたごもっともな言葉で、やはり耳の痛い言葉であります。でもしたいですよね。どうしようもない時というのもある。
 こちらもバランス感覚なのだと思います。仕事と家庭と自分自身のプライベートと、どの部分で折り合いをつけるかということなのでしょう。
 気を付けないといけないなと思うのは、そもそも仕事に関わっている時間が一番多いということ。平日は通勤時間も含めると一日の半分以上を仕事で過ごしている方も多いでしょう。そこまでいかなくても、家族との時間や自分自身の時間と比べて、仕事に費やす時間が圧倒的という方は多いのではないでしょうか。それだけでもうすでに仕事偏重になっている。仕事中心に物事を考えてしまいがちになります。「私は家庭を大事にしたい」と思っていても、ついつい考え方が仕事中心になってしまうことがありませんか。
 一般的に、仕事をいいわけにすると、「仕事ならしかたない」と許してもらえる風潮があります。それに甘えてしまうのは、ある程度は仕方のないことなのかもしれません。しかしそれも度を過ぎると必ずどこかに歪を生じます。最悪の場合壊れてしまうかもしれません。
 もう一つ気を付けなきゃいけないと思うのが、共働きの場合、両親共に仕事中心になってしまうと、子供が置いて行かれてしまうということ。これは子供にとって悲劇です。いや親にとっても悲劇です。子供が一番かわいい時に、親の意識がよそに向いてしまっているのだから。子供や家族との関わりは、自分が考えている以上に積極的にとらないと十分ではないのだろうな、と感じます。
 自分の中の優先順位をしっかり決めて物事を判断しないと、知らず知らずのうちに、自分の本意ではない判断になってしまいます。その結果、自分も家族も誰も幸せでない、楽しくない、なんてことになったらそれこそ悲劇ですね。
 かく言う私はまだまだです。休日は「疲れているから寝かせてくれ」が多い。これもまた仕事をいいわけにしているのですね。でも本当に疲れているんだよ。どうすればいいのかな。
posted by 共働きのお父さん at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。