2006年04月09日

がんばらない

 スポーツクラブのインストラクターさんはレッスンの際、何かにつけて「がんばらないで下さいね」と言います。言いたいことはわかるのですが、私は少々違和感があります。何もがんばらなければ、何も変わらないだろうと思うのです。
 会社も同じです。最近はメンタルヘルスについて盛んに言われているためか、「あまりがんばるな」、「無理をするな」と、社内の文書が回覧されてきたりします。まあ、会社のほうは現場の上司がどんな人かで、部門の仕事もやり方が決まることが多く、回覧文書ぐらいではあまり効力もないのですが。とにかく「がんばらない」ことが奨励されている事が、最近増えているように感じます。
 趣味でも仕事でも、どんなことでも同じ事だと思うのですが、がんばるときにはがんばらないと、何も成長しないと思うのです。ただ何でもかんでも、むやみやたらと、がんばるのはあまりよろしく無いし、手を抜くところは抜いておかないと、人によってはまいってしまったりするでしょう。そういう私自身まいってしまったことがあります。そこから何とか抜け出した体験談もいつかは書きたいと思っています。
がんばり続けても何とも無く、それが好き人はそのままで良いと思います。
 それでは、「がんばらない」をどう解釈しましょうか。私はこのように解釈しています。
「がんばっても、がんばらなくても、どちらでもいいのだけれど、これが(何か目標が)できるようになれば楽しいだろうな」
どうでしょうか。私自身はこの考え方が結構気に入ってます。気合は抜けますが、肩の力も抜けます。やる気にあふれる方からは「何を軟弱なことを」と一笑に付されるでしょうけれどもね。
posted by 共働きのお父さん at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『がんばらない≒マイペース』 ってコトなんですかね? 私的には大賛成ですけど、仕事に対しては納得できないですね。やっぱり仕事って責任と義務があるし…。 だけどまだまだコドモな私には難しいです。
Posted by ゆか at 2006年04月09日 16:53
ゆかさん こんにちは。
理解のしかたは色々あると思います。マイペースでも良いと思う。でも多分、想像ですが、ここでゆかさんのいうマイペースは、マイペースで頑張るってことではないですか? わたしは、その前に「頑張るか頑張らないかをマイペースで決めたい」と考えています。
 多くの人が、これまで自分のしたいことではなく、他人の望むことを頑張ってきたのではないでしょうか? 勉強して良い成績を取りなさい、とか。その選択を自分の手に取り戻したいなあと。そして、みずから選んだことなら、「頑張ろう」なんていう感覚は消えてしまうのではないかと期待しています。
 仕事については、私も自ら実験している最中なので、こうとは言い切れないのですが、自分の出した結果に対して責任を持つことができれば、それでいいのではないかと考えています。
Posted by 共働きのお父さん at 2006年04月15日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。