2006年04月16日

クレヨンハウスで絵本を見る

 昨日、家族みんなでクレヨンハウスの大阪店に行ってきました。
パートナーは昔行ったことがあるらしく、久しぶりに行くのを楽しみにしていました。この大阪店、何年か前に移転したらしいのですが、パートナーは移転後の店舗は初めてらしい。私はもちろん生まれて初めてです。
 お店は1階がオーガニック食品の店、2階が絵本等のこどもの本やおもちゃ、一部自然保護関係(LOHASかな?)の本もありました。さて2階に上がって、パートナーはいろいろと目当てがあったようで、自然とお互い勝手に見て回ることに。子供はお母さんにひっついていきます(あとで、おもちゃコーナーの体験コーナーで一緒に遊んで、パートナーに自由に見てもらいました)。
 さて、お父さんは読書が趣味なので、書店には良く行きますが、絵本は得意な分野ではありません。一方、クレヨンハウスにはさすがに絵本がたくさん置いてあります。あるのですが、絵本の選び方がよく分かりません。出版社別や作者別にたくさん書棚に並んでいますが、それがどういう本なのかさっぱりわかりません。いきおい平積みになっている本をざっと眺めて、途方に暮れてしまうことになりました。
これはクレヨンハウスに限らず、ほかのどの書店でもそうなのですが、素人にとって絵本というのは選ぶのが非常に難しい。まずタイトルから内容が判断できない。それがどんなお話なのか、一通り読まないと分からないことが多い。となると、話題になっている絵本や、保育園・幼稚園にある絵本、昔ながらの誰でも知っている絵本を選びがちになります。「ああ、これ見たことないけど面白そうだ」という書店での意外な出会いを得にくい。
 ではどうすれば素人にも選びやすくなるのか?というと、なかなか良いアイデアは思いつきません。ただ今の絵本の陳列方法ではかなり詳しい専門家ぐらいにならないと自由に選べないのだろうな等と感じた一日でした。
 その日の収穫は、パートナーはもともと詳しいので、いろいろと買い込んでました。私はパステルを自分用に購入。子供は見て回って、おもちゃコーナーの体験見本で遊んで満足したのか、特に何も欲しがりませんでした。
とにかく一度行ってみるには楽しいお店かもしれません。

 ちなみにクレヨンハウスの隣には市立(?)の公園があります。よく手入れされた素敵な公園です。私たちが訪れた日は桜も咲いていたのに、あいにくの雨で遊べませんでした。残念。クレヨンハウスに行ってみようという方には、是非公園で時間を過ごすことも考えて行くことをおすすめします。
posted by 共働きのお父さん at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。