2006年05月07日

みさき公園

 こどもの日にみさき公園に行ってきました。
「わざわざ混んでいる日を選んでおでかけしなくても」と今まで考えていたのですが、どうにもスケジュールやら家族の体調やらが合わなくて、一番混んでいそうな日のお出かけとなってしまいました。こうやって、ゴールデンウィークの行楽地は混んでいくのだろうなあ。
 事前にネットで調べていると、国道26号線が慢性の渋滞国道のようで、こどもの日なんて、えらいことになりそう。早めに出発することにしました。とは言え到着は、開園時間とほぼ同じの9時半ごろ。この時間ではまだそんなに激しい渋滞にもなっておらず、駐車場にもすんなり入れました。あとからあとから車がやってくる、という状態でしたけれども。
 入園して、動物園エリアをぶらぶらしながら、一回目のイルカショーの時間を心の中で密かに計ります。とにかく混みそうなところは、先手必勝。開演40分前とかなり早めでしたが、入場が始まっていたので、私達も早々に入場。開演30分前にはもう席は埋まってしまっていました。席は埋まっても、お客はどんどん入ってきます。スタンド席の階段に座るのは当然として、水槽脇の通路、おそらく「水かぶり席」に立ち見まで出ています(案の定水をかぶっていました)。その立ち見席も立つ場所が無くなってきているけれど、お客はまだどんどん入ってきます。開演直前まで入場させていました。さすがは大阪商人。
 イルカショーを見て、昼食を簡単にすませます。恐竜ワールド(いまいち)を見学した後、乗り物へ。子供は乗ったことも無いのにジェットコースターがマイブーム。まだチビなので乗れるかな?と思っていましたが、大人の同伴があれば良いとのこと。初めてのジェットコースターに乗ることができました。ジェットコースターを待っている列の中では、うちの子供が一番チビそうです。列の後ろで、怖がっている子供に、「見てみ、あんな小さい子も乗るねんで。あんたはチンチン付いてないんか」と気合を入れるどこかの母。目があって「なぁ」と同意を求められても困るんですけど。
観覧車に乗って、海を眺めて(関空も見えます)、ちょっとした南国気分を味わいます。大して南にも来ていないのに、何かやっぱり南の雰囲気があるのは不思議です。
昼過ぎには、家に向かって出発しましたが、行き帰りどちらの車線も大渋滞。まだ入園してくる車もあります。子供は初めてのジェットコースターがとても気に入ったらしく、しきりに「楽しかった」と言いながら、そのまま寝てしまいました。
 小さい子供を連れて遊びに行くには、程好い遊園地。また、大阪のディープサウスに立地しているのもあってか、ヒューマンウォッチングもなかなか楽しい。いわゆる「ヤンキー」(今はもう言わないのかな)な方々が楽しく遊んでいるのを眺めるのも楽しいものです。こわいと感じる人もいるかもしれませんが。私は大阪出身なので、むしろ懐かしい気分を味わいました。また行きたいなあ。
posted by 共働きのお父さん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。