2006年06月10日

耳掃除

 保育園でプールシーズン前の耳鼻科検診がありました。そこでうちの子供は、「耳垢がたまっているので、病院で耳掃除して、その証明を病院からもらってきてください」という何とも不名誉な宣告を受けてきました。

 耳鼻科に行ったところ、確かに耳垢がたまっています。しかも固まってしまっていてすぐにはとれません、と点耳薬が処方されました。その薬で耳垢を柔らかくして取るのだそうです。

 私達は決して耳掃除をさぼっていたわけではありません。2・3日毎に耳掃除をしていますし、「大きいのが取れたなあ」という日もあります。
お医者さんによると、耳の奥の耳垢が見えにくかったり、取りにくかったりする耳の中の形というのがあるらしく、私の子供の耳もそのような形らしいです。

 3日ほど点耳薬をさして病院に行くと、確かに沢山取れました。耳掃除はちゃんとしているつもりだったのに、見つけてくれた保育園の耳鼻科検診に感謝であります。おそらく自分達だけで見つけることはできなかったでしょう。
周囲の人たちと話してみると、特に何事も無くても定期的に耳鼻科に通って子供の耳掃除をしてもらっている、という家庭もありました。歯石掃除のために定期的に歯医者に行く感覚だそうです。うちもそうしよう。

 余談です。知り合いの看護婦さんと話したところ、「少し前に中耳炎で耳鼻科に通っていたのに(通ってました)、その時に見つからないのは変だ。中耳炎の時にみみだれを見落とされて、それが固まったのではないか」とのご意見をいただきました。お医者さんには確認していませんし、今さら確認するつもりもありません。ただ、そう言われてみれば確かにその可能性もあります。そのことだけは覚えておきたいと思います。
posted by 共働きのお父さん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記_2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。