2006年07月02日

とびだす絵本

 とても面白い絵本を見つけました。

Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs
 と
Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters

作者はロバート・サブダさんという方です。英語の飛び出す絵本です。本のタイトルは日本語にしてみるなら、「恐竜時代の辞典 恐竜編」と「恐竜時代の辞典 サメと海のいきもの編」あたりでしょうか。英語の絵本ですが、見るだけでも十二分に楽しめます。子供に、「これは何ていう恐竜?」とか聞かれた時にちょっと困るけれど。どこかの書評で見つけて、面白そうだと試してみたのですが、もう想像以上に面白い絵本でした。かなり得した気分です。

 なんと厚さが6センチ!もあります。しかも6センチもの厚さがあるのに、見開きで6ページしかありません(実際にはもっとあるのですが、それは見てのお楽しみ)。見開き1ページあたり1センチに、それに見合うだけの内容が詰まっています。飛び出してからのギミック(どこかを触ると、何かが動くとか)はほとんとありませんが、そんなものはいらない。絵本というよりも、むしろ芸術品と言っても良いかもしれません。あまりの出来栄えに、子供だけに触らせるのはちょっとこわいぐらいです。
 文章はまだ全然読んでいないのですが、私はもうすっかりはまってしまいました。親だけではなくて子供も目を輝かせて一緒に見ています。1冊2570円(2006/7/2現在)と、絵本にしては少々お高いですが、その価値はあると言っていいでしょう。

ところで、この絵本の恐竜編の方の日本語版が、昨年出版されていたようです。Amazon.co.jpの中古品販売で、5万円というすごい値段が付いていました。間違って買ってしまわないようにご注意下さい。値段を知った上で、あえて買うという方はかまわないのですが。

 作者のロバート・サブダさん、この他にもいろいろな飛び出す絵本を描いているというか、作っているというか、されていて、不思議の国のアリスやマザーグースの絵本も出しています。上の「ロバート・サブダさん」をクリックすると、作者名での検索結果にリンクしています。
こちらも近いうちに買ってみるつもりです。

文句なしにイチオシです。ぜひ一度読んで(見て)みてください。

posted by 共働きのお父さん at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。