2005年07月10日

スターウォーズ エピソード3(まだ観てない)

お約束の徹夜組まで出して、「スターウォーズ エピソード3」が公開されました。私は、まだ見てません。インプレッションを期待してこちらにたどりついた人ごめんなさい。
シリーズ第一作のエピソード4が公開されたのは1978年だったでしょうか? その頃私は中学生でした。親に頼み込んで何とか映画館で観ることができたときはそれはもう興奮しました。特撮技術もさることながら、あの独自の世界に引き込んでいく力(それがフォースかな?(笑))、すごかったですね。ミレニアムファルコンとTIEファイターの空中戦での照準器や、X-wingファイターがデス・スターのトレンチに突入してプロトン魚雷の照準を合わてせる、あの簡単な今ではコンピュータグラフィックとも言えない、コンピュータ線画(笑)に興奮したのが懐かしい。あの世界観への引き込まれ方はディズニーランドに遊びに行った時の引き込まれ方にそっくりですね。ちょっとしたところも手を抜かず徹底的にその世界に引きずり込んで行く。やっぱりこの点は米国はうまい。

ところで、私にとってスターウォーズとは未だ「旧3部作」で止まっているのです。エピソードI前後から個人的に何かと忙しくなってきて、子供も生まれて、「また今度見よう」とついつい後回しになり、新3部作はまだエピソード1も2もしっかり観ていない。おっさん臭いことをいうと、エピソード6を観た時点でスターウォーズは一度私の中で完結してしまったわけです。で、時間なんて作ればどうにでもなるのだけれども、新3部作は何となく観ていない。「ソロ船長が出ていないスターウォーズ? うーん」という感覚。「ヒデヨシが死んだ後のバリバリ伝説」、「力石との戦いが終わった後のあしたのジョー」を見るような感覚でもあります(分かる人にしか分からないなあ)。それだけ私にとって旧3部作が魅力的で完成されていたということなのですが。

新3部作もこのエピソード3で旧3部作につながります。どういうふうにつなげるのか、不安と期待と両方入り混じってます。旧3部作とどうつなげるのかエピソード3だけ観たいなあ、という誘惑はやはりがんじがらめに押さえ込んで、エピソード1から順に観た方がいいのかな。でもエピソード3観たいっ!!!

もともとエピソード4が公開された頃(だったかな)、スターウォーズは9部作だったんですよね。それがいつの間にか6部作になっていた。エピソード7があるとすれば、どんなストーリーだったんでしょうね。どなたか詳しい方、そんなことが分かるサイトがあれば教えて下さい。
posted by 共働きのお父さん at 13:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記_2005年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4967183

この記事へのトラックバック

「アナキン・スカイウォーカー」建築家に?!
Excerpt: 「スターウォーズ エピソード3」すごい人気ですね。 ファンとしては、早く見たい!(5/31時点) 「アナキン・スカイウォーカー」=「ダース・ベーダー」=「ヘイデン・クリステンセン」は、役者6年でこん..
Weblog: 激安最小時事評論
Tracked: 2005-07-10 14:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。